ONGAKUSHITSU beta

ONGAKUSHITSU beta

地域で活躍する素敵なアーティストをTAN-SUがピックアップする地域音楽情報サイト。ここから新しい何かが生まれ、素敵な何かに出会えることを信じて綴っていきます。

過去の「TAN-SU 音楽室」はこちら>>

vol.18  サノケン / 若き可能性を広げるべく 夢追いシンガーは今日も歌う

1175404_218826634942009_933468649_n

山梨県

サノケン甲府北口-001

プロフィール

高校時代、失恋をきっかけに歌を作り始める。毎週土曜日、甲府駅前での路上ライヴを中心に活動を開始。高三の春、NHKのど自慢でグランプリを獲得し、本格的に音楽の道を志す。専門学校進学の為、上京。作詞、作曲、発声法などを2年間みっちりと学ぶ。都内のライヴハウス、ライヴバー、路上でのライヴを重ねながら、オーディションをきっかけに上京し音楽活動を展開。2011年、地元山梨のミュージックシーンを盛り上げるべく再び帰郷。 翌年、自主レーベル『Peace records』を立ち上げる。2013年、毎週金曜日19:00〜甲府駅北口にて路上ライヴを再スタートさせる。山梨県内13市をギター一本で巡るツアー『山梨にいるキミを“輝らす”路上ライブツアー』を敢行!様々な出逢いの中、13市を無事、周りきる。
【オフィシャルサイト】
http://sanoken.jimdo.com/
【サノケンさんへのお仕事のご依頼・問い合わせ先】
オフィシャルサイトお問い合わせフォームまで

久々に”熱い男”が登場です。三重の竹田京右さん以来でしょうか。この2人がセッションしたらTAN-SU的には事件が起きるでしょう、、、世間的には何もないと思いますが(汗)彼の熱さを伝えたいため、別のWebコラムでの彼のインタビュー部分を抜粋させて頂く。「僕はこれからどんな大きな舞台に立つことになってもギター一本弾き語り。この原点だけは忘れずにいきますよ!“バンド”ではなく“歌い手”で 在り続けます。このスタイルは変えずに、これからもストレートに伝えていきます」(※AFEETO CAFEより抜粋)自分の気持ちをストレートに伝えたい熱き想いからの一言。いかがだったろうか?そんな熱き男のおススメソングをまずは1曲。

TAN-SUおススメサノケン’s MUSIC
「ありがとう。ごめんね。を繰り返して・・・」

とにかく1度決めたら、ぶれずに前に進む。2013年4月から毎週金曜日に甲府駅でのストリートライブは1年間欠かさず行ってきたという。そこから出会い、熱き思いが県内に広がり、地元の放送局であるYBSラジオ「Kitaguchi Music Park」で初のレギュラー番組を獲得。県内で活躍しているアーティストを応援するなど、若い山梨のミュージシャンの可能性を広げようとしている。更にはFMFUJI「GOOD DAY」で提供されているCMソングに、「i love u」が起用されている。実は私がサノケンさんを知ったのは、この放送局の方からでした。熱い男は、しっかりとメディア人の心を掴んでいるようだ。さて、そろそろサノケンさんに熱く語って頂きましょう!今後の自分、そして山梨の音楽文化について色々聞いてみた。

サノケンさんに聞いてみた

まず最初に”夢追いシンガー”たる所以を教えてください。
高校生の頃からずっと使い続けているキャッチフレーズでして、サノケンと言えば『夢』だろうと。夢ってゴールが無いと思うんです。追って追って辿り着いても、また新たな夢が生まれて、それをまた追う旅が始まる。その繰り返し。サノケンの活動も、人生も同じ。夢を追い続けるからこ そ意味がある。
”失恋”をきっかけに歌を始めたと(汗)
はい(笑)笑ってしまいましたが、笑い事では無くて…高校入学直後に人目惚れした彼女がいまして、僕の猛アタックで運良く付き合う事ができたんですけど、3ヶ月でフラれてしまって。。。かなりショックでしたよ。人生のドン底を経験したというか…。大袈裟ではなく、無気力の毎日でした。そして、家に帰って玄関でギターをポロロンと弾いたら初めてのオリジナル曲『君とずっと』が生まれました。サノケン甲府北口
歌を含めて、日頃からやはりストレートに想いをぶつけるタイプでしょうか?
そうですね。野球に例えたらカーブやシンカーを投げたいんだけど、ストレートが一番切れがいいピッチャー(笑)サッカーに例えて、『中田ヒデ』と『カズ』どっちタイプ?と言われたら同郷の中田ヒデさんには申し訳ないんですけど、自分はやっぱりカズタイプなんです。カッコつけてもつかないというか、カッコつけないかっこよさ、自然体が一番自分らしいし、カッコいいだろう。と。笑
山梨を盛り上げたいと思ったきっかけは何なんでしょうか?
僕、2度上京して山梨に戻って来たんですけど、1回目の上京から山梨に戻って来た時に活動する場が無かったんですね。無いと言ってしまうと、誤解を招きますが、『音楽を本気で出来る場所』がここには無い。そう感じたんですね。そういう意味で『路上』は一番フェアで自分の全てが注ぎ込める最高のステージだと感じた時期でもありました。そして、とあるメジャーオーディションをきっかけに2度目の上京。1年ほど日々を過ごし「よし、これから」という時にあの3.11が起きました。そこで『一体、自分は何の為に音楽をやっているんだろう。』と、心の中で積み上げていたモノが一気に崩れ落ちました。無になったというか、その時はメジャーデビューを見据えての活動だったんですが、それは違う、、、と。覚悟を決めての上京だったはず。『まさか、もう一度山梨に帰るなんて。嘘だろ。』と自問自答を繰り返していました。ただ、第一子誕生のタイミングも重なり、色々と考えた時に、“音楽・夢を諦めて故郷に帰る”という後ろ向きな意味ではなく、“新たな音楽との向き合い方・新しい夢を探し、作り上げていく”という前向きな意味で『山梨に帰ろう』と決断しました。そして、地元で活動していくうちに、沢山のサポートして頂ける方々と出逢い、山梨の音楽文化の現状を知る中で、まずはこの場所にアーティスト『サノケン』としての確かなレールを作っていこう。そして、山梨ならではの音楽列車を走らせ、ローカルミュージシャンで終わるのではなく、全国区の山梨のシンガーソングライターになる。甲府駅前から中継でMステ出ちゃうような(笑)今は、そんな想いで、活動しています。IMG_8422
自身のラジオ番組で、全市町村をまわって歌を作る企画をされておりますよね。これ、、、歌を作るの大変ですよね?私も1度、この企画をやろうと思っていまして(汗)
正直、大変です(笑)毎週現地に行って、1コーラスと言えども電波に流れる曲なので、それなりのクオリティーは求められますし、他の山梨のアーティストにやれと言っても出来る人がいるのかどうか…(笑)そのくらいチャレンジングな企画です。ただ、自分はその与えられたチャンスを投げ出す事も、やることも出来た訳ですが「これは、自分への挑戦だ」と捉え、あと残り3市町村に迫った今となっては、投げ出さなくて良かったなと思っています。この企画を通してソングライティング能力は間違いなく鍛えられていますし、毎週、自然豊かな山梨を旅することが出来るのは僕だけに与えられた特権でもあります(笑)改めて、山梨は素晴らしい場所だなと毎回感じますし、温泉に入る事も多いんですけど、“なんて贅沢な時間を俺は過ごしているんだ~山梨県民で今一番幸せだ~”と最近はこの企画に感謝さえ覚えます(笑)ユノッキーさんも、是非!(笑)
熱いサノケンさんだからこそ敢えて聞きたいです。ぶれずに前に進み続ける中で、辛かった事、そしてそれを乗り越えた事などを1つ!
最近出たとあるイベントでの事なんですけど、歌っている時よりMCしている時の方がお客さん多いんですね(笑)これは一緒に出ていた芸人さんの時も全く同じ現象が起こるんです。歌い出すと、みんな席を立って去っていく、そして、喋り出せばまた寄ってくる。「おいおいおかしいでしょ。」って(笑)こっちは歌なり、パフォーマンスを命がけでやっていて、その部分を見るなり聴いてもらいたい訳です。そのイベントがお祭りだったということもあるんですが、山梨の人は往々にして、聴き方、見方を知らない。それは聴く機会が少ない、見る機会が少ないという山梨ならではの問題に繋がるんです。僕らアーティスト側も日々、腕を磨かなきゃいけないのは当然ですが、お客さん、もっというと主催者側も一緒に育って行かないと、本当の意味でこの問題は解決しないんじゃないかとも思っています。僕、その時「もし有名アーティストや著名人の方がここに来たらどうなるんだろう?」って考えたんですね。きっと、人は集まるしステージには数え切れんばかりの人波が押し寄せるだろう。でも、それじゃダメなんですよね。東京だったら正解かもしれない。でも、山梨は違う。最近、山梨に大きなショッピングセンターが出来ましたが、あれも同じ現象だと思います。もしその会社のトップが『う~ん、山梨売れ行き悪いな~。はい!撤退。』と決めた途端、その街は夢から覚める。だったらシャッター街になりつつある商店街など小さなコミュニティを皆で盛り上げ直していく。その方向こそ山梨らしいんじゃないか。町づくりにしろ、山梨の音楽シーンにしろ、これからはもうこの方向性で行くしか無いと思います。一時的ではなく継続的に。あ、、、質問答えてなかったですね(笑)乗り越えた事はやはり、悔しさですかね。ありとあらゆる悔しさを今貯めている途中です。全国区になった時にこうしてインタビュー受けた時に言えるように。でも、今1つ吐き出せたのでスッキリしました(笑)936265_166708273490588_2048002843_n
地域で密着し歌い続けることで気づいたことは?
ちょっと重複してしますが、山梨は触れ合う距離が近いというか『人対人』の傾向があります。これは純粋に素晴らしいことではあるんですが、音楽文化や芸術文化は育ちにくい環境なのかなとも思います。突き詰めて言えば、日本という国がそう。良い物を『イイ』と言えなかったり、ダメなものを『ダメ』と言えなかったり、自分の意見や考えだけで物事を判断出来ない、というかしちゃいけない的な空気がありますよね。これは間違いなく文化の芽を潰します。特に山梨は家族での行動が多いので、一人一人がもう少し自立した行動を取れれば文化は広がっていくし、育つのではないかとも思います。でも家族や人との絆、温かさ、それこそが山梨の良さ!って思う自分もいるんですけどね◎ウラハラですね。。。(笑)
全国のアーティストへ向けて山梨でおススメのライブ場所を教えて下さい。
ズバリ!『路上』です!!山梨の人情というか、人の温かさに触れられますよ♪ちなみにJR甲府駅北口がサノケンのホームグラウンドです。
今後の活動・目標について教えて下さい。
目標はあるようで無くて(笑)ちょっと前までコラニー文化ホール(地元のホール)を満杯にするぞー!とか武道館ワンマンだー!!とか言ってたんですけど、もちろんその為に!という意味でもありますが、今年は特に『目の前の事を全力投球!』これに尽きます。全力で駆け抜けた日々の先に見える景色があるんじゃないかと。地に足つけてがんばります!サノケンアー写2014-001
最後に本人おススメサノケン’s MUSICを!

『幸せの丘・ありあんす』というスポンサーと言ってもいいくらいサノケンを応援してくれている企業があります。そこにめちゃくちゃデカイ女神ルリエという像があるんですが、その場所が昨年、恋人の聖地に認定され、公式イメージソングに選んで頂きました。今の活動のベースにもなっている曲『i love u』。あなたにとって愛する人、そして、大切な人を想って聴いてください。

本人おススメサノケン’s MUSIC
「i love u」


サノケン最新曲!「桜舞う頃に」

ONGAKUSHITSU beta 最新記事

記事一覧はこちら ▻