ONGAKUSHITSU beta

ONGAKUSHITSU beta

地域で活躍する素敵なアーティストをTAN-SUがピックアップする地域音楽情報サイト。ここから新しい何かが生まれ、素敵な何かに出会えることを信じて綴っていきます。

過去の「TAN-SU 音楽室」はこちら>>

vol.28  宮城愛 / 忘れない 海へ渡っても「徳島の山の歌姫」の今までを

1795672_580551248702628_1390358290_n

徳島県

1382961_605703649472032_783676683_n

プロフィール

徳島県神山町、豊かな自然の中で、家族と共に薪を使う昔ながらの生活を営み、高校在学中から日本各地で数多くのライブを経験。自然の息遣いを感じさせる独特の歌声は、聴くものの心に深く染みわたる。2014年、母となった今、自身の音楽にも新しい風を吹き込もうと、ハワイ島への移住を決める。
【オフィシャルサイト】
http://www.rakuon-rakujitsu.com/?cat=7
【宮城愛さんに関する問い合わせ先】
Mail:rakuonrakujitsu@gmail.com

もっと早く彼女の事を知っていればライブを見る事ができたかもしれない。だがそれはしばらく叶う事はなさそうだ。母となった彼女は自身の音楽、生活に新しい風を吹き込むため、今年3月にハワイへと移住した。それでもTAN-SUで取り上げるのは彼女が「徳島の山の歌姫」として残した素晴らしい軌跡があるからだ。海へ渡っても彼女が地域に寄り添い音楽を愛した事を知ってほしいし、忘れないでほしい。だから書きました。それでは1曲どうぞ。

TAN-SUおススメ宮城愛’s MUSIC
「ハレルヤ」

edit by 株式会社えんがわ

この映像ですが、彼女がハワイに旅立つ前に行った最後のライブ映像です。TAN-SUのために予定より早く編集してアップしてくれたのです!本当にありがとうございます!!この映像は近日DVDとなって発売も予定しておりますので是非チェックを!さて、小学校5年生の時に彼女は徳島県神山町に越して、豊かな自然の中で家族と共に薪を使う昔ながらの生活を営み育ってきた。まさに山の歌姫だ。音楽活動を始めたのは14歳の頃、そこから神山町を中心に地域を歌い歩き始める。その歌声は無機質な都会で生活する我々にとって、大自然に囲まれた日本の憧憬を思い起こさせてくれる。口コミが更なる口コミを呼び「徳島の山の歌姫」と呼ばれるようになった。そこに至るまでの活動を支えたのが家族である。音楽関係の仕事に携わっていた母親が音楽サポートやCD物販、スケジュール管理、照明デザイナーである父親がステージ設え、照明と、PAを担当。山での生活な故、ネットは通っておらず、両親がiPhoneひとつで、FACEBOOKを使って情報発信を行っている。家族と共に創り上げてきたのが宮城愛なのである。それは今回いくつか掲載する写真を見て感じ取って頂ければと。しかし彼女はもう「山の歌姫」ではない。海を渡り新しい宮城愛を築いていく。これまでの、そしてこれからの宮城愛について聞いてみた。

宮城愛さんに聞いてみた

まずは新天地へ移ったばかりでバタバタしている中でのインタビュー、、、恐縮です(汗)まだ日はそんなに経ってはいないと思いますが、少しは落ち着いてきましたか?
ハワイ島のヒロは、日本の梅雨時期の様な感じで、暖かく湿気もあるので身体が喜んでいます。毎日のように雨が降り、綺麗な花が咲いて気分を明るくしてくれます。まだまだ腰は下ろしきれてないのですが、もう一つの故郷に帰ってきた様な、安心感があります。1899890_580555955368824_1172761279_n-001
徳島県神山町に引っ越してきたのが小学校5年生の時。薪を使うなど、限りなく自然に近い生活をされていたと、、、薪割りなど、宮城さんの担当とかあったりしたんですか?また、どんな生活を送っていたんでしょうか?
毎日のお風呂沸かしにも薪は必要なので、ナタを使うのはものすごく得意になりました。薪ストーブに火をつけて、できた炭を七輪に移して料理したり…何でも家族みんなで協力しながらやっていました。1975037_580556052035481_2096938405_n
大自然の生活、私としては憧れます。ただ正直、多感な10代の時は不便と思ってしまった時もあったりとか、、、。
神山の家に越してきた時は正直戸惑いもありましたが、「となりのトトロ」のサツキになった気分で、いろいろと楽しんでやってました。もちろん不便なことはたくさんありました。でもその不便さの中でまたいろいろなことを学べたので良かったです。
音楽活動をはじめたきっかけは?
中学生の頃に、フェスで知り合った同い年の友人が、初めてギターを教えてくれました。とても簡単なコード進行だったのですが、そのシンプルな繰り返しの中に自分の歌を自由に乗せていく…それが楽しくて仕方がありませんでした。1962732_580555938702159_603555285_n
「ハレルヤ」を創ったのが高校生の時で驚きです(汗)どういう風に創り上げていったのでしょうか?
ハレルヤは私が落ち込んだ時にできた曲です。時々そのフレーズからキリスト教信者なのかと訊かれることがあるのですが、私にとっての”神”は自然の中に溢れていて…この時も、神山の山の神さまたちに励まされている様な感覚でした。山にいると、いつも「ひとりじゃない」っていう気持ちになれるんです。
ご家族の温かく力強いサポートが写真を通して本当に伝わってきます。振り返ってどうですか?
感謝しかないです。両親はいつも、自分の中の核となる部分を支えてくれています。この両親の下に生まれてこなかったら、また全く違った人生を歩んでいると思います。1977128_580561268701626_660876687_n
さしつかえなければ、ハワイへの移住を決めた意を教えて頂く事は可能でしょうか?
2013年に新しい命を迎え、私にはこの命を守る責任が生まれました。よりこの命が自由に輝けるように…そんな気持ちもあったのでハワイ島への移住を決めました。またその間に、私自身の音楽にも新しい風を吹き込むことができればと思っています。
ファンは、また宮城さんの歌を聴ける事を楽しみにしていると思います。
ありがとうございます。日本でも歌わせていただきますので、よろしくお願いします。
地域で密着し歌い続けることで気づいたことは?
自分の成長を、いつも温かい目で見ていただけて、幸せでした。ライブの度に、原点に戻れるような感じでした。1662055_580551102035976_1668707716_n
全国のアーティストへ向けて徳島でおススメのライブ場所を教えて下さい。
徳島市内にはいくつかライブハウスがあるのですが、私も何度かさせていただいたRickyというお店はいろんな方がライブされています。駅も近くてお客さんも来やすいと思います。
今後の活動・目標について教えて下さい。
まだまだ新しい一歩を踏み出したばかりなので、目標も決まっていないのですが、ハワイでも日本でも、その土地で生まれる想いを大切に歌っていきたいです。どこにいても、地球と、繋がっていられる人になりたい。1920413_580561468701606_265521967_n
最後に本人おススメ宮城愛’s MUSICを!

この曲はいつも支えてくれる家族への感謝の気持ちを込めて、歌わせていただいています。

本人おススメ宮城愛’s MUSIC
「blackbird〜てぃんさぐぬ花〜」

Photo by MIHO TAMAGAWA

ONGAKUSHITSU beta 最新記事

記事一覧はこちら ▻