山口泰志 まちmemo

2016.07.08 Fri
ブログの壁にぶち当たる41歳と8か月のおっさん。

「お前のブログつまんなくねぇ?」
「ブログまで地域のこと紹介してても面白くないじゃん。」
「企画になってるのがTAN-SUの面白いとこなんじゃないのかなー??」

ううう~確かにそうだぁ!!!!!!本当はブログなんかやりたくないんだ!
実は心にいつも抱えていたブログで書くことねーよ的な感じ・・・がバレていた。
なんか、どれもしっくりきてない違和感は以前からず~~~~っとあった。
ブログをスタートして2本目で、既に壁にぶち当たってしまった41歳と8か月のおっさんも珍しい。
僕は手書きで日記を書く方が好きっていうのもあるけど・・・

SnapCrab_NoName_2016-7-8_22-29-55_No-00

確かに自分のブログは地域情報を書こうとし過ぎててユーザーが知りたい情報やノウハウが一切ないのだ。
何が書きたいのか?何ならかけるのか?何をやってきたんだっけ?と考えてみた。

ん~~。まず自分のスタイルが確立されていない!
TAN-SUは地域の情報をただ伝えるだけでなくて様々な企画にして発信してきたけど、
他人さまのためにならアイデアがどんどん出てくるのに、自分のことを表現するとなると、からっきしなのである!
じゃぁ、なんでブログやるんだっけという話になってしまうではないか。
今まで、いろんな企画をやってきたにも関わらず、プロセスをきちんとまとめていないということなのだ。

俺スタイルってなんだっけな?
そうっか、TAN-SUで表現してきたことを素直に書いてみればいいのかと。
もう、中学生じゃないんだから、自分に世話がやけてしまう!
このブログ問題を解決するために、真剣に考えた!

答えはこうだ。
自分がこれまでTAN-SUの中で、どのように企画をつくってきたのか、
PRというものをどうやって捉えてきたのか、地域と向き合っているのか、
これまでのノウハウと今考えていることを少しずつアーカイブしておこうという思った。

例えばTAN-SUは企画を設計するときに「プロセスを見せる」ということを常に意識している。
答えを先に見せたり、企画の成長過程を共有したり、みんなに情報を育ててもらうことが多い。
僕がプロデュースした丸本莉子はまさに情報をオープンにして、みんなに育ててもらったのだ。

要は見せ方の順番によって受け手の感覚はまるっきり違うってことを意識しているんだった。
でもこれって時代によって常にアプローチは変わるから、気を付けなければならない。

僕が今書きたい事を今書き出しておかないと、なぜそう思ったのかというプロセス自体を忘れてしまう。
自分が考えていることを目次のように書き出してみようと思う!
さきにラインナップを見せちゃた方が、なんか自分の中ではしっくりきてしまったのだ。
僕はタイトルを考えるのが好き。結構タイトルから企画の世界観を広げていくことも多い。

 

なんでTAN-SU?
小田原にあって野田にないもの
日光と野田が繋がった
ファーマズマーケットがきっかけでは!?
ツナガールは水産業の星になる!
魚食ガールってなんだ?
村のイメージを180度変えたオムライス街道
地域活性は焦るな、欲張るな。
音楽と地域の可能性
ビビる大木と僕と未来
醤油もきのこも主役じゃない強み
創意工夫×創意工夫
お茶の間カルチャー・ファクトリー
目立つのか?目立ちたいのか?
プロセスを先に言おう(笑)
キャンドルジュンさんのお互いさまという考え方
凡人の強み!
サービスとはタダではないっていつわかる?
違和感は気づきの入り口
石橋をたたき過ぎて割れたww
あだ名こそがコピー!
パクらせていただける技術!
ある場所にいくと世の中の動きが良くわかる!
面白いの種類!
テレビが教えてくれたこと!
凄い人を紹介しているだけで授業ができた!
音楽は遊び、地域は学び。
会議室は頭の中にある
もう一つ会社立ち上げるぞ!
ビジネス用語なくっても仕事できるよ!
日本も県も市町村も地元も近所もみんなおな~じ。
丸本莉子というブランディングアーティスト!
近所のおばあちゃんをスターにできるか?

こんなところかな。
思いついたら目次を増やしていこう!

今日は、自分のスタイルってなんだろうって考えた日でもあり、
それがブログにたどり着くとは思わなかったな。
最後に、只今、音楽事務所を立ち上げる準備中!アーティストも決まった。

とりあえず、今日はこの辺で。

ばいちゃら!

FullSizeRender