みんなの×にわのわ

2016.06.10 Fri
大島佳子

いきなり私事ですが、6月5日はわが家の結婚記念日。すっきりした気持ちでその日を迎えようと、前日にお墓参りを計画していたところ、お寺のすぐ近くで「にわのわ」なるイベントが行われることを知りました。しかも、友人であり仕事仲間でもあるTAN-SUの山ちゃんが一枚噛んでいるという。さっそく「遊びに行くね」と山ちゃんに伝えたところ、「じゃあレポートも書いて!」との返事があり、お墓参りだけのはずが、遊びも仕事も加わって、一石三鳥に!
ということで6月4日土曜日、青空のもと、朝から夫婦でお墓参りを済ませ、気持ちも晴れ晴れ佐倉城址公園に向かいました。
【トル可】IMG_4107
IMG_4115
会場に到着したのは午前11時。オープンして1時間ですがすでにたくさんの人が! まずは、Café ONIWAのトルティーヤ、林檎Caféのマフィンをいただきながら、マップで出展ラインナップをチェックします。【トル可】IMG_4116IMG_4118【トル可】IMG_4122
今回、にわのわに「あったらいいな」と思っていたものが二つあります。一つは、「父の日」のプレゼント。もう一つは、自分たちの「結婚記念日」の記念になる何か。期待を胸に、いざ、アート&クラフトブースが並ぶ本丸跡の芝生広場へ行くと……。

そこにあるだけで絵になるような器やガラス製品、味のある革靴、使い勝手のよさそうな木工品、コーディネートの主役になるバッグ、水引柄が斬新なポチ袋……などなど、100を超えるブースに魅力的な品々が並び、「選べない」状態の私たち(笑)。

いったん、富士見バルのブルーチーズを使ったチーズケーキと微発砲のワイン(合う!!)で休憩しつつ頭を整理して……
IMG_4135
最終的に、購入したのがこちらの品々です。

焼酎好きの義父へのプレゼントは、益子焼の陶芸家、「works&products」の鈴木稔さんの作品。
IMG_4173
味わいのある色味は「絶対、気に入る!」と夫が太鼓判。こちらのブースでは、他に、円をモダンにデザインしたお皿も一目で気に入りましたが、今回はお預けです。。
IMG_4149
そして、自分たちの記念には「モノエ」尾上耕太さんによる、小さな小さな一輪挿しを二つ。IMG_4178
一つひとつ形や色の違うものが15点ほど並ぶ中から夫婦で一つずつお気に入りを探し、二つ並べては悩み、また入れ替えて…を繰り返してようやく選びました。今はわが家の出窓に鎮座。ベランダのプランターに生え放題の雑草も、ここに挿したら雰囲気出そう。これからも「にわのわ」に出展されるなら、毎年買い足してくのもいいなあ、なんて考えています。
IMG_4137【トル可】IMG_4141
他にも、齊藤麻子さんによるみつろうのロウソクが並ぶ「カモメ印製作所」で脱力系のロウソクを、型染めした生地で作った小物などを制作している「KAESON」金森香恵さんのブースでポストカードを、それぞれ贈る相手を思い描きつつ選びました。【トル可】IMG_4183IMG_4132IMG_4134IMG_4127【トル可】IMG_4128
今回、「にわのわ」を初体験して思ったこと。
お気に入りの一点ものを探すワクワクがあり、手作りのおいしいものをいただくしあわせがあり、会場を巡るだけでも十分楽しめる。でもさらに、吟味して選んだものを日々の暮らしにどう取り入れよう?と考えたり、会場で感じたワクワクやしあわせが刺激になって「私も何か作りたい!」と創作意欲がムクムクを沸いてきたりと、後からもかなり楽しめるのは予想外でした。

家に帰るまでが遠足、ならぬ、家に帰ってからが「わたしのにわのわ」のはじまりだなぁとしみじみ感じた週末。まずは、絶品だった富士見バルのブルーチーズケーキを、なんとか自分の手で再現…はできないけど近しいものを作れないか、次の週末にチャレンジ予定です!